採 用 情 報

RECRUIT

中途エントリー

MID CAREER ENTRY

グループ企業を支え、
業界全体への貢献を目指して
ものづくりの面白さを一緒に体験しましょう

代表取締役社長 吉田 邦夫

製造の最初から最後までを手がけるやりがい

当社は主にダイカスト商品の品質向上に欠かせない金型冷却設備や鋳造補助用品、検査・測定機器、生産管理機器など、ダイカスト周辺機器の製造販売を手掛けています。

ほとんどがお客様の要望に合わせて製作するオリジナルで、製造過程の最初から最後までを自社で手掛けており、常に創意工夫が必要とされます。
何もないところから図面を引いて形にしていくというのはとても大変なことですが、それが考えていた通りの形を成し、正しく機能を発揮し、お客様の利益に貢献するとき、大きな達成感、満足感が得られるでしょう。私自身、技術者として、大変だからこそ面白いものづくりの醍醐味を体験してきました。

ダイカスト業界全体に貢献できる企業を目指して

今後、当社はアーレスティグループへの貢献はもちろん、ダイカスト業界全体に貢献できる企業を目指してまいります。そのために必要なのが、自ら工夫し、次にやるべきことを見出せる人材です。それは、技術者に限ったことではありません。ものづくりの現場を支える品質管理や生産管理をはじめ、バックオフィスのスタッフの存在も欠かせません。


私たちと一緒に新しい情報、知識を取り入れながら自らに磨きをかけ、新たなものづくりに挑戦しませんか。
みなさんのご応募を心よりお待ちしております。

製造1課

和田 将裕

2008年入社
専門校
メカトロニクス科卒

顧客のオーダーに備えて知識や技術を常に更新
社内のクラブ活動など、余暇も充実

現在の仕事内容を教えてください

各工場に設置するロボットの電気設計を行っています。主に、ダイカストの周辺装置を扱っていて、配線箇所が記載された電気図面の作成や、機械の動きを制御するプログラムの作成です。「こういうものが欲しい」というオーダーに合わせて専用機として作るものなので妥協できないという大変さはありますが、やりがいも感じます。動作確認などで発注元である鋳造工場に出向くこともあり、現場は暑くて大変なのですが、実際に使われている環境を知ることも次の商品作りに役立てると思います。

仕事を進める中で達成感や満足感を感じるのはどんな時ですか

同じものを目指してプログラムを書いても、人によってアプローチの仕方が異なり、同じものにはならないところが面白いですね。試作の段階では問題がないのに、現場に入れてみたら想定外のことが起きることもあります。不具合の程度によってはその場での調整ではすまず、プログラム自体の修正が必要なこともあり、試行錯誤の繰り返しですが、自分のやり方で、自分が意図したとおりの動きが実現できたときには達成感があります。仕事ばかりでなく、社内のクラブ活動に参加したり、気の合う仲間と一緒にテニスをしたり、仕事以外の楽しみもあります。

今後の目標を教えてください

現場からは常に新たな注文が入るので、自分の知識や技術も常に更新していく必要があると感じています。そのため、自分で調べることもそうですし、メーカーの講習会などにも積極的に参加して、新しい知識や技術を吸収しています。

1日の仕事の流れ
開発課

上羽 広司

2014年入社
工学部卒

メカ設計に加え電気設計もマスターし
一人で一つの設備を見られるようになりたい

現在の仕事内容を教えてください

当社ではほとんどの商品を顧客のオーダーに従って作っていますが、開発課では、それをベースにしてより汎用性を高め、ダイカスト業界にむけて販売する商品の開発をしています。私はメカ設計をしているのですが、現場で何が必要とされているかを知るために、現場の担当者にはよく話を聞くようにしています。それでも現場でイメージしているものと、こちらでイメージしているものが違うこともありますし、いろいろな意見を聞いているうちに迷いが生じたりすることもありますが、開発の過程で出た問題に対して、原因の仮説を立てて実験で検証し、仮説通りの結果が出たときはうれしいです。

仕事を進める中で達成感や満足感を感じるのはどんな時ですか

人数が限られていて忙しい分、開発はもちろん、仕入れ先の選定や組み付け、出荷検査、梱包など、製造工程すべてに関わることができるので、知識や仕事の幅が増えました。まだ、直接担当したもので商品として完成したものはないのですが、自分の考えたものが形になっていくのは楽しいです。試行錯誤して作ったものが商品として販売されるのが楽しみです。

今後の目標を教えてください

最近、電気設計の勉強を始めました。今はメカ設計しかできないのですが、電気設計もマスターして、一人で一つの設備を見られるようになりたいと思っています。社内で両方の設計ができるのは数人で、簡単ではないと思いますが、両方をマスターして少しでも現場の仕事が楽になり、現場の人に喜んでもらえる商品を開発したいです。

1日の仕事の流れ
生産管理課

坂部 喜章

2002年入社
高校 機械科卒

営業と現場の間の調整役として日々奮闘
さらに現場を知り、知識や経験の幅を広げたい

現在の仕事内容を教えてください

納品までの日程調整や顧客要求仕様の確認、今後の顧客設備導入の情報取り、原価試算書作成や受注案件の製作・製造指示、納入クレームの管理などを行っています。生産管理課に異動して10年になり、業務の幅も広がってきました。最も神経を使うのが日程調整で、すべての受注案件の進行を日々確認、更新しながら、スケジュール通りに納品できるように管理しています。ただ、自分がどれだけ頑張っても、実際に動くのは営業と現場のスタッフなので、日々のコミュニケーションも大切にしています。

仕事を進める中で達成感や満足感を感じるのはどんな時ですか

私が担当している鋳造機の周辺設備はすべて顧客のオーダーに従って製造するので、標準仕様というものがありません。そのため見積書を作成するにあたっては、設計や組付けの現場にヒアリングしたり、金額を検討してもらったりしています。それらを精査して算出した原価と、実績原価との乖離がなかった時には、原価を正しく掴めていたという満足感があります。

今後の目標を教えてください

社外のメーカーとも協力し、ダイカスト周辺設備案件に限らず、幅広く仕事を請け負い、売上を伸ばしていきたいと思っています。そのためにも、装置や機械の構造、ロボットが動く仕組みなどについてもっと理解を深めたいです。また、今後は現場も経験したいと思っています。これまでの経験で原価が把握できているので、現場のコスト削減などの取り組みにも役立つでしょうし、何より、自分自身の知識や経験の幅を広げたいと思っています。

1日の仕事の流れ